鳥取民藝美術館
特別展
吉田璋也と民藝を創った人々

昭和6年(1931年)、吉田璋也は郷里鳥取で医院を開業すると同時に鳥取の諸職の工人を纏め、新たな民藝の品々を数多く創りました。昭和7年(1932年)に「たくみ工芸店」を開店し、企画・デザイン・生産・流通・販売の一貫した組織体制を整えます。後に新作民藝運動と呼ばれる吉田の活動は、職種と規模において他に類を見ないほど多岐にわたるものでした。

吉田は「民藝のプロデューサー」として柳宗悦をはじめ民藝運動に関わる多くの作家たちに協力を求めました。本展覧会では「吉田璋也と民藝を創った人々」と題し、鳥取の新作民藝運動に協力した人々を縦糸として、吉田や鳥取の工人たちが織り成した新作民藝運動の40年を俯瞰し、関係する作品や資料を出品・展示いたします。

主な展示内容

柳宗悦心偈(こころうた)、李朝陶磁、蕎麦猪口、牛ノ戸焼染分皿、著書・書簡等
バーナード・リーチ扁壺(へんこ)、エッチング、素描、李朝石鍋、牛ノ戸焼カップ、書簡等
河井寛次郎木喰仏、豇豆紅花瓶、彩碗(三彩)、枠付鉢、牛ノ戸焼カップ、書簡等
濱田庄司青釉白十字掛文打角皿、高麗茶碗、牛ノ戸焼茶碗、中井窯茶碗、書簡等
黒田辰秋茶托、帯留、ブローチ、マッチ入れ等
芹沢銈介微小観音、暖簾、帯留、因幡の源左、書簡等
棟方志功彩色画、書簡等
式場隆三郎著書類、山下清関係資料、書簡等
柳宗理中井窯・牛ノ戸焼関係資料等

※作家の各章展示には参考作品および指導作品を含みます。

イベント情報

開催場所鳥取民藝美術館(鳥取市栄町651 地図施設情報はこちら
開催期間9/11(土)〜2022/2/6(日)(水曜および祝日の翌日、12/30〜1/3を除く)
開催時間10:00〜17:00
料金入館料 一般500円 ※常設展の入館料が必要となります。
お問合せ鳥取民藝美術館 TEL: 0857-26-2367

お願い

イベントへご参加の際は新型コロナウイルス感染拡大防止にご協力ください。
詳細はこちら→新型コロナウイルス 感染拡大防止ガイドライン

※このボタンを押すと、スタンプラリーサイトへジャンプします。スマホでQRコードを読み取ってスタンプをGETしてください。

EVENT CALENDARイベントカレンダー

RELATED EVENTその他のイベント

Twitter
Facebook
LINE